2005年10月16日

百器徒然袋 -雨 読了

榎木津礼二郎だ!いや〜久しぶりにミステリー読んじゃったな。

全然 本など読んでなくて、
気がつけば秋の風物詩、京極堂シリーズ文庫化という
年に一度のイベントが発生していました。

今年文庫化されたのは「百器徒然袋 -雨」。

早速購入→チビチビ読んでいたのに→サクサク読了してしまいました。

流行りのスピンオフというやつでしょうか、
京極堂シリーズで人気の自称探偵・榎木津礼二郎が主人公の
中篇が3篇収録されています。

いづれも探偵が事件を解決…ではなく、
粉砕するというお話で、
エノさんのキレっぷりは相変わらず。
その辺は期待通りおもしろかった。

それに加え、本作では京極堂一味と面識のない人が主人公で、
なかなかエノさんに名前を覚えてもらえなかったりする。
「あっ!」
榎木津は彫像のように整った顔の大きな眼を見開いた。
「君はいつかの何とか云う人!」
殆ど何も云っていないに等しいのだが、
一応記憶だけはしていてくれたようである。


その主人公、木場修を初めて見た時は
かなりの衝撃だったようだ。
柄の悪い男である。厳つい顔。悪い目つき。髪を短く刈り込んで、半袖から覗く二の腕は丸太のように太かった。
―――やくざだ。
やくざに違いない。
どこから見ても堅気には見えない。


そんな主人公、傍目には関口サンと同類の人物であるようだ。
「あの―関口―と、云います」
榎木津に連なる者共に悉く誹られ愚弄され続けている下僕の中の下僕―。
世界中の不幸を一身に背負ってしまった男―。
不運の小説家関口巽―。
なんと云って良いやら解らずに、僕は胡乱な挨拶をした。
しかし相手は、輪をかけて胡乱な挨拶をし返して来た。中禅寺は意地の悪そうな顔で僕と関口を見比べて、にやにやと笑った。


いやーそれにしても関口サンはおもしろい。
相変わらずぐうとか云っているらしい。
「どうしたんですか猿渡先生!」
中禅寺がわざとらしく話しかけている。
どうやら関口はこの場では猿渡先生と云う名前らしい。何の先生なのか。いったいどんな設定なのか知る由もないが、これは迫真の演技である。ううとかぐうとか云っている。


実は私はエノさんより京極堂より、
関口サンがかなり好きである。

姑獲鳥の夏で、関口サンがエノさんに初めて会った場面がとてもおもしろかった。
榎木津が私と初めて顔を合わせたとき、彼が最初にいった言葉が、
―――君は猿に似ているね。
である。
失礼もここまで来ると怒る気もしない。
京極堂はそれを聞くと、この男は鬱病だから苛めると失語症を併発する、先輩は躁病なのだし彼を見習うのがいい――と、更に訳の解らないことをいった。



ところで、本作の解説は阿部寛さん。
ワォー阿部ちゃんカッコいいー!でもナゼ阿部ちゃん??と思ったら、
姑獲鳥の映画でエノさん役やってたのが阿部ちゃんでしたね。
阿部ちゃんも原作を読んで、
姑獲鳥のエノさん初登場のシーンが気に入り
「この役をやりたい!」と思ったんだとか。
その他、どんな心構えで演じたかなどが書いてあります。
文庫版を買ってなんだか得した感じ手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)


さて、来年の文庫化は「今昔続百鬼 -雲」ですね。
これも京極堂シリーズのスピンオフ物で、
多々良先生という妖怪研究家の先生が主人公らしいです。
その次がまたエノさん主役の「百器徒然袋 -風」で、
その次にやっと「陰摩羅鬼の瑕」です。
なんで1年に1冊なのか…来年の秋を楽しみに待ちたいと思います!
posted by ひらちん at 03:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

10/9のSHOWBIZ COUNTDOWN

10/9のテレビ東京 SHOWBIZ COUNTDOWN
全米映画TOP10はこちら。

 1 NEW FLIGHTPLAN
 2 NEW TIM BURTON'S CORPSE BRIDE
 3 右斜め下 JUST LIKE HEAVEN
 4 NEW ROLL BOUNCE
 5 右斜め下 THE EXORCISM OF EMILY ROSE
 6 右斜め下 LORD OF WAR
 7 右斜め下 THE 40 YEAR-OLD VIRGIN
 8 右斜め下 THE CONSTANT GARDENER
 9 右斜め下 TRANSPORTER 2
10 右斜め下 CRY_WOLF



女性はナゼか下着姿!?9位はトランスポーター2

2002年にヒットしたリュック・ベッソン製作の
爆裂アクションの続編。

元々はつくられるか微妙だったが、
前作のDVDの売れ行きが好調だったので
ゴーサインが出たんだとか。

日本では2006年公開予定 。


5位はエクソシズム・オブ・エミリー・ローズ

悪魔祓いの人が逆に責任問われて訴えられちゃう
ホラー&法廷サスペンスというお話らしい。

「悪魔は間違いなく存在する!」って言われても
「はぁ〜コイツ何言ってんの?
頭パープリンなのかぁ〜?」って
思われるのが普通だよねぇ。

従来のエクソシストより現実的??

でもやっぱこの「エクソシストのテーマ」って
キレイな曲だよねぇ。私 着メロに使ってます。


3位はジャスト・ライク・ヘヴン

ラブコメの女王リース・ウィザースプーン主演のラブコメ。

幽霊になった女性が、自分が住んでいた部屋に
越してきた男性と恋に堕ちるっちゅー話みたい。

ウィザースプーンって長い名前だな。知らないぞ。
ラブコメの女王ってメグ・ライアンの代名詞じゃあないの?
「ロシアン・ラスト・ラブコメ・エンプレス」とか
「霊長類ヒト科最強のラブコメ女王」とか
「最強のラブコメ遺伝子を持つ女」とか
もっと捻っていかないと売れへんでー!!


2位はティム・バートンのコープスブライド

“ハリウッド最強のオタク監督”ティム・バートンの
ストップモーションアニメ。
1〜2秒のシーンの撮影に12時間かかるというから大変だ。
主人公の声は声優初挑戦のジョニー・デップ。
日本では10月22日公開。
知名度があるから公開早いなぁ。


1位はフライトプラン

ジョディ・フォスター演じる航空機設計士の娘が
フライト中に姿を消してしまうサスペンス・スリラー。

「娘がいなくなったんです!」
「娘さんは6日前に亡くなっています」ってあたり
ジュリアン・ムーアのフォーガットンっぽいですが、
飛行機の中を這いずり回るあたりは
エア・フォース・ワンみたい。

娘をどこに隠そうが、
自分で設計した飛行機だから、
構造を知り尽くしてるっていう設定が
おもしろそうですねぇ。

ジョディ・フォスター主演作としては
同じく子供が危機にさらされるパニック・ルームに次いで
2番目に高いオープニング成績なんだとか。

2006年1月下旬公開予定 。


オーリーの現代劇って違和感あるよねTOPICSはエリザベスタウン

会社をクビになり、恋人にフラれ、
父親まで亡くした男が
失意の中、父の故郷へ向かう。

あ〜これヤバそう。
前から興味があったのだが、
とっくに公開終わったかと思ってた。

オーランド・ブルームはどーでもいいし、
キルスティン・ダンストは相変わらずカワイくないけど、
監督があの頃ペニー・レインとヴァニラ・スカイ
キャメロン・クロウっていわれると
やたら興味をそそられる。

う〜ん だってこの煽りVTR観てるだけで
なんだか泣きそうだもん。
日本でも11月公開。観に行くか…。

次週はジェシカ・アルバの魅力満載の
イントゥー・ザ・ブルーがチャートインだそうです!
posted by ひらちん at 14:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここんトコの注目作

最近 さっぱり映画観てないぞ!
だってお金がないからです!
そんなときは観たいものをリストアップして
妄想で満足しましょー!

ライオンの王様です!ってことで今一番の期待作はナルニア

私が小学生の頃ハマったファンタジー。
戦争で疎開してきた4人の兄弟姉妹が
屋敷のクローゼットの奥に異世界につながる
通路を見つけちまって、そこには国があって
ライオンが王様で魔女と戦ってて
4人兄弟姉妹が大冒険…っていう
それだけしかもはや覚えてないけど…
なんせトシなので私も…(^_^;)

2006年3月4日から公開ってまだ先だな…。




スパロウ船長のイカれっぷりに期待!そんな先の話をしてもいいんなら
パイレーツ・オブ・カリビアンだって
楽しみにしてますよー!

2006年夏の公開に向け、撮影はもう終了したんだとか。
現在は3の撮影に入っているらしい!

ところで、パイレーツはまだまだ先があるらしい!

クリアジョニー・デップの「パイレーツ・オブ・カリビアン」は全6部作?

いや〜そんなに続けたら飽きられそうだけど…大丈夫でしょうか。
デップさんがイカレ役を続けるのであれば
私も観つづけますけどね!


もうちょっと公開近いヤツないかな…

ひじ掛けの取り合い!あっ これなんか観たいー!
レイチェル・マクアダムスさん主演のレッド・アイ

飛行機に乗ったレイチェルさんが
怖い目にあうサスペンスなんだそうだ。

これから怖い目にあうレイチェルさん
ミーン・ガールズや大人気のウェディング・クラッシャーズにも
出演しているけど、やっぱ主役で観たいよねぇ。
まぁサスペンスなんでゲタゲタ笑う
姿はあまり観れそうもないですが。

ちなみに「レッド・アイ」っていうのは
「赤い眼」という意味と、
睡眠不足で乗客の目が赤くなる「夜間飛行」っていう
意味があるんだそうな。

っつーか、これこそいつやるんだ??


本作はAudiです!おー!トランスポーター2もおもしろそうだね!

依頼は確実に達成するプロの運び屋が主人公の
大ヒットクライムアクションの第2弾!

リュック・ベッソンのどたばたカーアクションって
言われたらそりゃあ俄然惹かれるよねぇ。
主役のおじちゃんもシブイし。
あーでもいかんせん前作を観ていない…。

っつーか、だからいつからやんのよ?




これがきっかけでラブラブ!?おっ これを忘れてましたよ!Mr.&Mrs. スミス

お互いの正体を知らない殺し屋夫婦が
お互いを殺す依頼を受けてビジネス夫婦喧嘩を
繰り広げるてんやわんやのアクション映画。

いやぁすっかりブラピとアツアツのアンジー。
久しくアンジー観てないから観たいなぁ。
でも正直ブラピがあまり好きではないのだなぁ。
これは12月3日からだって!もうちょいじゃん!




でももうちょい現実的にすぐ観れるヤツないかな…。

シャバはいいよね!そんなもんシンデレラマンだろー!

早く観にいかないと終わっちゃうよー!
実在したボクサーを主人公にした
感動ボクシングムービー!

ラッセル・クロウも全然観てないなぁ。

前前から観に行こうと思ってたんだが、
機会がなくて…

最近は定期で六本木に行けるようになったので、
ちょいと六本木ヒルズにでも観に行こうか…
なんて上映時間時間を調べていたら!



スターウォーズも真っ青!六本木ヒルズで銀河ヒッチハイクガイドやってるじゃん!

イギリスの人気SF小説が原作なんだって!
「銀河バイパス建設のため地球を壊します」って…
なんつーストーリーだ。
そんなおバカムービーものんびり観たいよねぇ。


あとは…ヴィン・ディーゼルとかポール・ウォーカーとかは
観たくないし…

あー!まだやる気か!性懲りもなく!

クリア東京が舞台の「ワイルド・スピード3」、キャスト発表

おおポール・ウォーカーも降板か。
今度は東京が舞台!?
クッソー日本人に媚びやがって。
しかたがないから怖いもの観たさに
観にいくとしよう。


また金髪です!そんな話はさておき、
邦画とかも観たいな。
TAKESHIS’とかはどうなんでしょう??

芸能界の大スタービートたけしと、
たけしにそっくりなコンビニ店員の北野武。
ある日二人が出会って…?

こんなあらすじだけじゃわからんな。
私の好きなイカれた北野武は見れるんでしょうか。

こちらは11月5日から公開だ。


よしっ とりあえず、落ち着いたら
シンデレラマンを観に行くって結論で。
posted by ひらちん at 02:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/7の自腹 〜シン・シティ〜

なんでまたこれを観たんだろ…??あ〜ダル…

どうすれば「テンション」って上がるんだろ…


そんなことはさておき、
話題のシネマを自腹で鑑賞、本音で批評。
映画を愛してやまない井筒監督が、
正しい映画を求めて今日も行く。

テレビ朝日 虎の門 井筒監督のこちトラ自腹じゃ!。
10/7はシン・シティ

まずは今週の国内シネマチャート。

 1 次項有 チャーリーとチョコレート工場
 2 NEW 蝉しぐれ
 3 右斜め下 NANA
 4 NEW シン・シティ
 5 右斜め下 四月の雪
 6 右斜め下 SHINOBI
 7 次項有 シンデレラマン
 8 右斜め下 ファンタスティック・フォー
 9 右斜め下 タッチ
10 右斜め下 容疑者 室井慎次


デップさん&オタク監督 国内ウケもいいようです。
シンデレラマン観たいなぁ…

さて、今週の鑑賞作品は第4位にチャートインしたシン・シティ。
人気コミックを映画化したモノクロ映像を基調とした
スタイリッシュなハードボイルド作品。
エル・マリアッチのロバート・ロドリゲスと
原作者のフランク・ミラーが共同監督。
キャストはブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバ、
ミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン、
イライジャ・ウッドなど豪華キャスト。

今回 ご鑑賞の映画館は吉祥寺バウハウスシアター。
のっけから
「はっきり言うたる!どうでもいい!こんなもん!」と
全く楽しみにしてない様子の井筒さん。

まぁねぇ私も正直「井筒さんがシン・シティ??」と
眼を疑いました。

でも「見たるワ!制作部も迎えに来ないし
ヤケクソじゃ!」と鑑賞することに。

さて、あらすじを紹介。
悪がはびこる無法地帯シン・シティ。
物語はシン・シティを舞台に
男達の3つのエピソードで展開していく。

まず最初の主人公は顔に醜い傷跡を残す
大男マーヴ(ミッキー・ローク)。
ある夜彼はゴールディという女と出会い、
生まれて初めて女と一夜を共にする。
しかし、幸せな瞬間も束の間、彼女は何者かに
殺されてしまう。
ゴールディを殺した罪を着せられ、
真犯人を探すマーヴ。
果たして彼はゴールディの仇を取ることができるのか?

第2のストーリー。
舞台は娼婦たちが牛耳る街オールドタウン。
この街では警察官に快楽を与える代わりに
娼婦たちが支配権を握っていた。
そんな街に流れ着いた主人公のドワイト(クライヴ・オーウェン)は
あることから娼婦による警官殺しの事件に巻き込まれる。
主人公のドワイトは彼女たちを守るため
この事件を隠すことに協力するのだった。
果たしてドワイトとこの街の運命は…?

第3のストーリー。
主人公ハーティガン刑事(ブルース・ウィリス)は
幼女連続殺人事件のロアーク・ジュニアを追い詰め、
誘拐されたナンシーという少女を救い出すのだが、
罠にはめられ、無実の罪で投獄されてしまう。
8年後、出所したハーディガンは
美しく成長したナンシーと再び出会う。
しかし、彼女はかつての殺人鬼ロアーク・ジュニアに
再び拉致されてしまう。
ハーディガンは8年越しの復讐を遂げるため
最後の闘いに挑んでいく。
果たして彼はナンシーを助けることができるのか。

鑑賞中「やだねこれ…」と
モノクロ映像がお気に召さない様子の井筒さん。

そして、映画にのめり込めず居眠りする井筒さん…

鑑賞後「人が100人くらい殺されたら
眠たくなる。ワクワクするのかよ?
正常な精神持ってたら誰だって眠くなる」というご感想。

さーて、注目の採点は…?

「問題外」だってー。

「全くわからない。
コミュニケーションブレイクダウン!」

あはは―――ッ!!
はい!いい言葉いただきました!!
使わせていただきます!

いやぁー絶対こうなると思ってました。
キルビル観たときも激怒してたけど、
「いい映画だと人を殺すにも
理由がある。そういうのが全くない。」
というお言葉にもあるように、
ロドリゲスとかタランティーノとかって
コミック調な感じがいっぱいなんだよねー。
好きな人にはいいかも知れないけどねー。

同じ空想モノならもっと心温まる
ファンタジーなんかが観たいもんです。

あっ でも音楽はちょっと好きかも。


将軍様マンセー!!ところで、ゲストMCの伊藤裕子さんは
相変わらずカワイイですが、
この格好はどうなんでしょうか…?








あっ こんなトコにあっ そういえばこないだNHKで
久しぶりに楊原京子ちゃんを観ました。
相変わらず天然みたいでした。







posted by ひらちん at 02:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。