2006年06月04日

5/28のSHOWBIZ COUNTDOWN

テレビ東京 SHOWBIZ COUNTDOWN
5/28の全米映画TOP10はこちら。

 1 NEW MISSION:IMPOSSIBLE V
 2 NEW POSEIDON
 3 右斜め下 RV
 4 NEW JUST MY LUCK
 5 右斜め下 AN AMERICAN HAUNTING
 6 右斜め下 UNITED 93
 7 右斜め下 STICK IT
 8 右斜め下 ICE AGE:THE MELTDOWN
 9 次項有 AKEELAH AND THE BEE
10 次項有 HOOT


10位はフート

自然保護に立ち上がる若きエコテロリストを
描いた描いた映画が10位をキープ。
とはいえ、上映館数が3000館を越える作品としては
先週自らが打ち立てた記録を破り、
1回の上映につきチケットセールスが
平均10枚以下という更に情けない記録を
打ち立ててしまったんだとか。

では本邦での公開もなさそーですなぁ〜


5位はアメリカン・ホーンティング

先週からたった2ランクダウンと
ホラー映画にしてはかなりの健闘をみせている
低予算ムービー。
霊にとり憑かれた家族を描いた本作は
キーファー・サザーランドの父ドナルド・サザーランドの
100本目の出演作となったらしい。

はぁーこの人がお父さんですかー。


4位はジャスト・マイ・ラック

ついてる女の子とついてない男の子の
運が入れ替わるラブコメディーが初登場4位。
人気アイドル リンジー・ローハン主演作の中では
最低のオープニング成績らしい。
ダニエル・パウターのバッド・デイのビデオクリップに
出ていたサミーラ・アームストロングが
リンジーの友達を演じているらしい。

アイドルのラブコメだぁー!
うぜーっ!!


2位はポセイドン

パニック映画の傑作ポセイドン・アドベンチャーから
アドベンチャーを省いたリメイクが初登場。
およそ1億6000万ドルという巨額の制作費を投じたものの
2位にあまんじてしまったみたい。
34年前に比べて格段に進歩した
エフェクト技術を駆使した本作。
カート・ラッセルやジョシュ・ルーカス、
マット・デュロンの弟ケビンといった中堅俳優が
結集しているらしい。
日本では6/3から公開。

「中堅俳優結集」ってなんかイヤな
言い方するなぁ…要するに映像はスゴイけど、
キャストに華がないってコト?


TOPICS1作目はプルートで朝食を

1970年代のアイルランドで
ドレスやアクセサリに興味を持ち
変わり者扱いされて育った少年が
母親探しの旅に出るというストーリーらしい。
主演はバットマン・ビギンズの悪役キリアン・マーフィ。
本作の演技でゴールデングローブ賞に
ノミネートされたらしい。

ん?プルートウ?冥界の王ですか?
ロボット壊しちゃイカンよ。

あっ こんなところにもリーアム・ニーソンさんが
出てますねぇ。


ミュータントですが何か問題でも?TOPICS2作目はX-MEN:ファイナル・ディシジョン

壮大なシリーズがついに完結。
ミュータント達は人間になるか
それともミュータントとして生き続けるか
究極の選択を迫られるというストーリーらしい。
ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリーら
おなじみのキャストが結集した本作で
新たにメガホンを取るのはレッド・ドラゴンの
ブレッド・ラトナー。
日本では9月公開。

わっ 毛深い人がいる。

X-MENっていえば、
昔ゲーセンにファイナルファイトみたいなスタイルの
X-MENのアクションゲームがあって、
4人くらいで同時プレイしたんだけど、
私はナイトクローラーでコソコソ逃げ回って
いつも最後まで生き残るみたいなことをしてた
思い出があります。
映画は観てないなー。
以前、1と2のダブルパックを買おうかなーと
思っていたことがあったんだが…。


次回は傑作ホラーのリメイク
オーメンを紹介だそうです。
不吉な予兆に満ち溢れた現代に
悪魔の子ダミアンの恐怖が甦る…ウヒョー怖ぇー!!
'06年6月6日公開って!(爆)
ホラーの古典ってワクワクしますよね〜
次回が楽しみです!
posted by ひらちん at 13:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。