2006年06月10日

6/4のSHOWBIZ COUNTDOWN

テレビ東京 SHOWBIZ COUNTDOWN
6/4の全米映画TOP10はこちら。

 1 NEW THE DA VINCI CODE
 2 NEW OVER THE HEDGE
 3 右斜め下 MISSION:IMPOSSIBLE V
 4 右斜め下 POSEIDON
 5 右斜め下 RV
 6 NEW SEE NO EVIL
 7 右斜め下 JUST MY LUCK
 8 右斜め下 AN AMERICAN HAUNTING
 9 右斜め下 UNITED 93
10 右斜め下 AKEELAH AND THE BEE


10位はアキーラ・アンド・ザ・ビー

スペリング・コンテストに出場する少女を描いた
感動作が8位より上位にランクインすることなく
4週連続チャートイン。
監督と脚本を務めたダグ・アッチソンが
この映画の前に手がけた作品は
本作よりはるかにファミリー向けではない
ザ・ポルノグラファーという作品らしい。

ザ・ポルノグラファー?そんな作品あんの??
8位以下で4週連続チャートインっていうのは
根強い人気だなぁ。
っつーか、スペリング・コンテストっていうのが
なじみがないので、全く興味が湧かない。

松本人志さんが
「マラソンはわざわざ道路を封鎖しないで
ルームランナーでやれ!」とおっしゃっていたが、
スペリング・コンテストっていうのも
紙に書いたのを採点すればいいのに
わざわざコンテストにする意味がわからん。


9位はユナイテッド93

9.11のハイジャック機を描いた衝撃作。
多くの無名俳優達の中でかろうじて見覚えがあるのは
乗客を率いて反撃を試みる男性を演じた
クリスチャン・クレメンソン。
アルマゲドンにチョイ役で出演していたらしい。
日本では8/12から公開。


8位はアメリカン・ホーンティング

霊にとり憑かれた家族を描いた低予算ホラーが
8位にランクダウン。
少な目の制作費を取戻すのでさえ苦戦しているらしい。
19世紀アメリカの大統領を震撼させた
ベル家の魔女伝説を描いた本作には
30年前キャリーでアメリカを震撼させた
シシー・スペイセクが出演しているらしい。

あぁ〜シシー・スペイセクさんね。
こないだ観たストレイト・ストーリーにも
出てましたね。


7位はジャスト・マイ・ラック

人気アイドル リンジー・ローハン主演の
ラブコメディーが不調。
ついてる女の子とついてない男の子の運が
ひょんなことから入れ替わるというストーリー。

フチョーフチョー!!


6位はシー・ノー・エヴィル

WWEの人気レスラー ケインが
凶悪な殺人鬼を演じるホラー。
彼が荒れ果てたホテルで8人の不良少年少女を襲うらしい。
ホラーにありがちな要素を全て詰め込んだ結果、
初登場6位とイマイチな結果。
監督はポルノ映画出身のグレコリー・ダークという人らしい。

あぁ〜ホラーのお約束「イチャつく男女は殺される」という
やつですね。夏向けにスッキリ爽快!ですね。


5位はRV

ロビン・ウィリアムズ主演の爆笑どたばたコメディー。
本作でメガホンを取ったのは
レモニー・スニケットを途中で降板させられ、
ディック&ジェーンを途中で辞めた
バリー・ソネンフェルドという人らしい。

そんな人が監督で大丈夫?
でもヒットしてるんだから
きっと腕はいいけど集団の中でやっていけない
タイプの人なのかな?
どこにでも1人はいるんだよね〜そういう人って。


4位はポセイドン

1972年に公開された傑作パニックムービー
ポセイドン・アドベンチャーのリメイクが
早くも4位に沈没…って衛藤さんウマイこと言うねぇ。
当時より倍近くもチケット代が高いにも関わらず、
オリジナルの興行収入に追いつくことは
できなそうなんだとか。

あぁ〜カート・ラッセルさん残念。
今や沈没ものといったら
タイタニックのイメージが強くなっちゃったからねぇ。
そんな中で中堅俳優でキャスト固めた作品って
なんかねぇ…


3位はM:i:V

ハリウッドでの興行収入が1億ドルを
突破したものの、前二作の興行成績には
およびそうもないトム・クルーズ主演の
大ヒットシリーズ第3弾。
本作でヒロインを務めるのは
シリアナやコンスタンティンでは出演シーンが
日の目を見なかったミシェル・モナハン。
タンディ・ニュートンが出演を見送り
さらにスカーレット・ヨハンソンとキャリー=アン・モスが
出演を取りやめた為、見事ヒロイン役を
ゲットしたんだとか。
日本では7/8から公開。


2位は森のリトルギャング

ドリームワークスが放つ最新フルCGアニメが初登場2位。
森が宅地開発され食糧不足に悩む動物達が
食べ物を盗もうと人間の街に出かけ
大騒動を繰り広げるというストーリーらしい。
ブルース・ウィリスやアヴリル・ラヴィ―ンらが
声の出演をしているらしい。
日本では8/5から公開。

あぁ〜平成狸合戦みたいなものですか?


1位はダ・ヴィンチ・コード

世界的なベストセラーを映画化した
初登場No1。
とはいえ、主演のトム・ハンクスの髪型が不評だったり、
キリストについての解釈が物議を醸し、
ボイコット運動がおこるなど
逆風が吹き荒れたらしい。
そんな中、公開3日で2億2500万ドル以上を稼ぎ出し、
史上2番目に高い全世界でのオープニング成績を
記録しているらしい。

へぇ〜スゴそうだけど…
原作読んでないからなぁ。
ポール・ベタニーさんも観たいけど。


ゲイのカウボーイの次は
プレイボーイの貴族ですTOPICS1作目はカサノバ

数々の女性を虜にした伝説の男を巡る
ラブストーリー。
ブロークバック・マウンテンでゲイのカウボーイを
演じたヒース・レジャーが
モテモテのプレイボーイを演じているらしい。
ヒロインはジュード・ロウとの
婚約および婚約破棄騒動で有名になったシエナ・ミラー。
監督はショコラのラッセ・ハルストレム。

あぁ〜ヒース・レジャーさんは
やっぱりプレイボーイ役が似合いますねぇ。


かわいく見えても悪魔の子TOPICS2作目はオーメン

1976年の傑作オカルトホラーのリメイク。
不吉な予兆に満ち溢れた現代に
悪魔の子ダミアンの恐怖が甦るというストーリーらしい。
主演はクライシス・オブ・アメリカのリーヴ・シュレイバーと
ボーン・スプレマシーのジュリア・スタイルズ。
本作は6並びの'06年6月6日に全世界同時公開。

ダミアンキタ━━(゜∀゜)━━ッ!!

うひゃぁ怖ソー!
近年昔のヒーローもののリメイク・続編が多いですが、
フレディ、ジェイソン、チャッキーときて
ついにダミアンも復活ですかー!

ちなみにピンヘッド様のシリーズは
密かに続編出続けてて
今や8作くらいあるって知ってました?


次回のTOPICSにはは最新フルCGアニメ
カーズが登場だそうです。

あれ!?だいぶ前にも紹介したよねぇ?
まだ公開してなかったの?

ちなみに6/11はお休みで
次回は6/18になるそうです。
posted by ひらちん at 17:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。