2006年07月14日

ミルコVSシウバついに再戦!!

ついについについに!!
4年間待ちつづけた念願の再戦が決定しましたよーッ!!

クリア無差別級GP決勝戦の黄金カード発表!


因縁の決着戦がついに実現! 
2002年4月28日『PRIDE.20』で激突し、
引き分けに終わっている両雄が4年5ヵ月ぶりに拳を交える。
この試合はファンが望み、ファイター同士も強く望んでいた組み合わせだ。

あああーそーなんだー
日付までは覚えていなかったけど、
4月28日って私の誕生日なんだよね…
懐かしいなぁ…あの頃。


というわけで、あの激闘を簡単に振り返ってみよー!

とりあえず、煽りVTRから。これ結構秀作だと思います。

PRIDE無敗の王者「無名ファイターとしてPRIDEに現れ、
己の実力のみで勝ち続けた真の強者」とシウバを称える。








K-1のターミネーター対するミルコの紹介は石井館長の演説から。
「僕達は誰の挑戦でも受けます!
シウバ!PRIDE!かかって来てください!以上!」
石井さんの頃はよかったなぁ…
そして態度のデカいミルコのインタビュー映像。
「俺はK-1の代表でシウバはPRIDEの代表だろ。
代表同士の闘いだ。」
BGMはもちろんターミネーターのテーマ。





ブー!ブー!そして入場。
まず、K-1で聴き慣れたミルコのWildBoysが。
両手を広げファンにアピールするミルコだが、
声援はまさかのブーイング混じり。






まさかビビッてんの!?一方、SandStormが鳴り響くと
会場のテンションは一気に上がる!
しかし、心なしかいつもより表情の硬いシウバ。







人の話はちゃんと聞きましょうウソウソ!睨み合いはいつも通りです!!
というより、いつもよりスゴい迫力!
しかもミルコも目をそらさない!
ミルコのこんな表情は後にも先にも見たことない!!






妖刀左ハイ!そして、いよいよゴングが鳴り、まずは1R。
ミルコが挨拶代わりにイキナリの左ハイ!
相変わらず、なんてキレイなハイキック!
しかし、シウバもしっかりガード。
ミルコが続けて左ミドルを打って来たのを機に、
シウバが一気に前に出てテイクダウン!!
だが、ニアロープのため、ブレイクがかかり
スタンディングで再開。
ドントムーブのないこの特別ルールは
絶対シウバに不利だ。
両者牽制しあいながら1R終了。



ミルコのグラウンド技術は!?2R。ミルコの左ミドルをつかみ、
シウバが早い時間でテイクダウン成功→シウバ劇場へ。
とにかく殴ることしかしてこないシウバ。
初めての寝技の時間にミルコの表情も険しくなる。
しかし1R3分は短い!決め手がないまま2R終了。

3R。つかまれるのをおそれてか、
いつもの連打が出せず、
だんだんとステップが下がり気味になるミルコ。




それでもシウバは倒れない!4R。ミルコが左ミドルを立て続けにヒット。
思わずシウバの身体が丸くなる。
「並みの選手なら倒れてますね」と高田さん。
これはかなり効きそう。
しかし、シウバもどんどん前に出る。
どうやらシウバはテイクダウンを狙わず、
打撃勝負に切り替えた模様。





真の勝者は…?5Rも特に決め手がないまま結局ドロー。
だが、勝ちを確信したシウバと
ホッとした顔のミルコと表情は対照的だった。


今度はどんな結末になるんでしょーかーっ!
予想はまた後日ゆっくりと!ムフムフるんるん


あっ そうそう
ノゲイラVSジョシュも楽しみにしてますよぴかぴか(新しい)
posted by ひらちん at 02:39| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日、東スポで知ったので、一瞬ガセかな?と思ったけど、本当に決まりましたね(・∀・)

ファン投票もこの組み合わせが圧倒的だったでしょうけど。
Posted by 通りすがりのプー太郎 at 2006年07月15日 08:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【7/14生配信】ZERO1??MAX田中将斗登場!
Excerpt: PRIDE、K??1からプロレスまで、熱い格闘技トークが繰り広げられる『ユウキロックのゴールデンアームボンバー!!』  今回は、ZERO??ONE??MAXから田中将斗選手がゲストに登場します!! ..
Weblog: 格闘技総合サイトcasTY格闘技ナビ
Tracked: 2006-07-14 14:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。