2006年09月24日

DVDレビュー 〜ロスト・イン・トランスレーション〜

日本はよいとこですロスト・イン・トランスレーション
 (2003年アメリカ)
■監督・脚本 ソフィア・コッポラ
■出演 ビル・マーレイ スカーレット・ヨハンソン

■感想 ★★★☆☆


あらすじ。
仕事で日本にやってきたハリウッドスターの
ボブ・ハリス(ビル・マーレイ)は、滞在中のホテルで
同じく夫の仕事についてきた
シャーロット(スカーレット・ヨハンソン)と出会う。
お互い見知らぬ土地で寂しさを覚え
一緒の時間を過ごすようになる。
だが、二人とも家庭があり、
気持ちを表面に出さないままボブの帰国の刻が迫っていた…。


監督は名匠フランシス・F・コッポラの
娘さんのソフィア・コッポラさん。
主演はだらけたおっさん役でおなじみの
ビル・マーレイさんと
2005年最もセクシーな女性No.1に輝いた
スカーレット・ヨハンソンさん。

女性の監督さんらしく
抑えた感情が微妙に揺れ動く様を
見事に表現している・・・んじゃあねーの?

脚本、音楽、映像、テンポ全てが
私達の忙しい日常を忘れさせ
心を癒してくれるような感じ…なんじゃあねーの?

よくわかんねーけど、
ラストは好印象だったな…
あんまりわざとらしくなかったし…
ネタバレしそうだから書けないけど。


あんまりドカーッとは感動しないけど、
肩の力を抜いて観てみたらいいんじゃないでしょーか。
posted by ひらちん at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24361307

この記事へのトラックバック

【映画】『ロスト・イン・トランスレーション』
Excerpt: 監督:ソフィア・コッポラ 出演:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョバンナ・リビシ、他 http://www.lit-movie.com/ 前々から「おもしろい映画だ」と、そこ..
Weblog: まん感全席
Tracked: 2006-10-01 16:49

Lost In translation
Excerpt: 映画「ロスト・イン・トランスレーション」の感想です(^_^)関連のない記事でしたら、お手数ですが削除の方お願いしますm(__)m
Weblog: 屍情報局
Tracked: 2006-10-15 03:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。