2006年09月24日

シネマレビュー 〜イルマーレ〜

ゴー!フォー!ブロック!イルマーレ(2006年アメリカ)
■監督 アレハンドロ・アグレスティ
■製作 デイビッド・オーバーン
■出演 キアヌ・リーブス サンドラ・ブロック

■感想 ★★★☆☆


あらすじ。
2004年4月。湖畔の家に引っ越してきた
アレックス(キアヌ・リーブス)は、
前の住人ケイト(サンドラ・ブロック)の残したメモを見つける。
それは郵便物が間違って届いた場合は
現住所に転送してほしいという内容のものだったが、
書かれていた住所はまだマンションが建設中で、
アレックスは疑問を抱く。
手紙をやり取りするうちに、
どうやら二人の間には2年の時の隔たりがあることに気付く。
お互い惹かれあう二人だが、
果たして出会うことができるのか…?


なんで観たいのかよくわからんかったけど、
癒されるかと期待して観てまいりましたー。
主演はマトリックスでおなじみのキアヌ・リーブスさんと、
"デンジャラス・ビューティー"ことサンドラ・ブロックさん。
お二人はスピード以来の共演だそーです。
テーマがサクの入場テーマってことくらいしか
別段思い入れはありませんが。

感想は…うーん、
いかにも韓国純愛映画の
リメイクって感じ?

電車追いかけたり、ダンスしたり、
会いたいんだけどなかなか会えないみたいな
ヤキモキするすれ違いとかあったりして
王道踏襲って感じで女の子好きそうだね…

最後はホロっとさせられて
決して悪い気分にはならないので
落としたくない試合では
この作戦で行きましょう的な作品でしょうか。


しかし、クリストファー・プラマーさんは
相変わらず丹波先生にしか見えない…
posted by ひらちん at 20:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24361347

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。