2010年06月27日

歴史が動いた日

2010年6月26日。

今日は歴史的な日となりました。

一つの時代が幕を下ろした日と言えるでしょう。

いつかはこんな日が来ると思っていました。

ですが、今はショックが大きすぎて言葉が見つかりません。

本当に残念です。

しばらくは立ち直れそうにありません。

こんな記事を書いたのが昨日のことのようです。
posted by ひらちん at 21:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

ミルコVSシウバついに再戦!!

ついについについに!!
4年間待ちつづけた念願の再戦が決定しましたよーッ!!

クリア無差別級GP決勝戦の黄金カード発表!


因縁の決着戦がついに実現! 
2002年4月28日『PRIDE.20』で激突し、
引き分けに終わっている両雄が4年5ヵ月ぶりに拳を交える。
この試合はファンが望み、ファイター同士も強く望んでいた組み合わせだ。

あああーそーなんだー
日付までは覚えていなかったけど、
4月28日って私の誕生日なんだよね…
懐かしいなぁ…あの頃。


というわけで、あの激闘を簡単に振り返ってみよー!

とりあえず、煽りVTRから。これ結構秀作だと思います。

PRIDE無敗の王者「無名ファイターとしてPRIDEに現れ、
己の実力のみで勝ち続けた真の強者」とシウバを称える。








K-1のターミネーター対するミルコの紹介は石井館長の演説から。
「僕達は誰の挑戦でも受けます!
シウバ!PRIDE!かかって来てください!以上!」
石井さんの頃はよかったなぁ…
そして態度のデカいミルコのインタビュー映像。
「俺はK-1の代表でシウバはPRIDEの代表だろ。
代表同士の闘いだ。」
BGMはもちろんターミネーターのテーマ。





ブー!ブー!そして入場。
まず、K-1で聴き慣れたミルコのWildBoysが。
両手を広げファンにアピールするミルコだが、
声援はまさかのブーイング混じり。






まさかビビッてんの!?一方、SandStormが鳴り響くと
会場のテンションは一気に上がる!
しかし、心なしかいつもより表情の硬いシウバ。







人の話はちゃんと聞きましょうウソウソ!睨み合いはいつも通りです!!
というより、いつもよりスゴい迫力!
しかもミルコも目をそらさない!
ミルコのこんな表情は後にも先にも見たことない!!






妖刀左ハイ!そして、いよいよゴングが鳴り、まずは1R。
ミルコが挨拶代わりにイキナリの左ハイ!
相変わらず、なんてキレイなハイキック!
しかし、シウバもしっかりガード。
ミルコが続けて左ミドルを打って来たのを機に、
シウバが一気に前に出てテイクダウン!!
だが、ニアロープのため、ブレイクがかかり
スタンディングで再開。
ドントムーブのないこの特別ルールは
絶対シウバに不利だ。
両者牽制しあいながら1R終了。



ミルコのグラウンド技術は!?2R。ミルコの左ミドルをつかみ、
シウバが早い時間でテイクダウン成功→シウバ劇場へ。
とにかく殴ることしかしてこないシウバ。
初めての寝技の時間にミルコの表情も険しくなる。
しかし1R3分は短い!決め手がないまま2R終了。

3R。つかまれるのをおそれてか、
いつもの連打が出せず、
だんだんとステップが下がり気味になるミルコ。




それでもシウバは倒れない!4R。ミルコが左ミドルを立て続けにヒット。
思わずシウバの身体が丸くなる。
「並みの選手なら倒れてますね」と高田さん。
これはかなり効きそう。
しかし、シウバもどんどん前に出る。
どうやらシウバはテイクダウンを狙わず、
打撃勝負に切り替えた模様。





真の勝者は…?5Rも特に決め手がないまま結局ドロー。
だが、勝ちを確信したシウバと
ホッとした顔のミルコと表情は対照的だった。


今度はどんな結末になるんでしょーかーっ!
予想はまた後日ゆっくりと!ムフムフるんるん


あっ そうそう
ノゲイラVSジョシュも楽しみにしてますよぴかぴか(新しい)
posted by ひらちん at 02:39| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

PRIDEが一夜明け会見

激戦から一夜明けPRIDEが会見を行いました。

クリア無差別級グランプリ2006 2ndROUND一夜明け会見

会見にはPRIDE無差別級GPの決勝に勝ち上がった
ノゲイラ、シウバ、ジョシュの3選手が出席。
「ミルコは寝坊の為、欠席」っていつもウソばっかり…

まず、高田さんが前日の激闘に関して言及。
シウバに関して、「王者でありながらチャレンジャーとしての
ファイトスタイルを持ちつづける“ミスターPRIDE”」と称えた…

なんてゴタクはどーでもいー!!
わざわざこれを記事に書いたのは
シウバがシウバがシウバが
珍しく大変なことをBな☆Sうぁ■RS&※ちKう△@!!!!

準決勝で希望する対戦相手に関しては、
3選手とも「誰でも構わない」「誰とでも戦う」と口をそろえたが、
シウバは「あえて選ぶならミルコ。
前回は引き分けだったが自分は勝ったと思っている。
今度はKOしたい」と02年4月以来のミルコ戦をアピール。
前回は特別ルールで逃げられたミルコと、
今度こそ完全決着をつけたい思いが強いようだ。

「誰と戦いたいか」→「誰とでも戦う」というのが
格闘家のセオリーみたいなところがあるんですが、
シウバはノゲイラでもジョシュでもなく
ミルコの名を挙げました!!
打撃系より寝技系の選手と試合した方が
ケガが少なくすむ可能性がある為、
普通は寝技系の選手を指名するものですが、
シウバはあえてミルコを指名!

私もずっと2002年のドローという試合結果
モヤモヤし続けていたのだが、
シウバもマストシステムだったら
自分が勝っていたと思っていたらしく、
再戦を希望しているとのこと。

うーん 私が4年間待ち続けていた対戦が
現実味を帯びてきた…感慨深いなぁ。
2004年の男祭りのテーマが「宿命」で、
実現を期待したものの裏切られ、
無差別級GPで実現かと思えば、
シウバは出ないとか言うし…

でもシウバがやりたがっているとなると、
ノゲイラとジョシュもくしくも同じ年の
2002年に国立で因縁があることだし、
もう決まったようなもんかな!?

対戦カードはまたファン投票で
決められるってことですが、
ファンの方はどーなんでしょう?
私の中で今までで
戦前一番盛り上がった試合だったので、
ゼヒともまたなんとかお願いします。

オフィシャルサイトの
ファン投票いつからかな〜??
ガチンコで投票したいと思います!!
 →始まりました

そういえば、フジ撤退のせいか、
めずらしくMSNに写真とか載ってました。
原哲夫調のジョシュとハントとかw
posted by ひらちん at 23:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PRIDEGP2006 2ndRound 観戦

PRIDEGP2006 2ndRoundを観戦しました〜
わぁ〜ぱちぱち。

とりあえず、結果と感想を。

まず、実況。
WOWWOWでUFCやってる人とか
いろいろ言われてたけど、誰この人?
パンクラスや修斗でおなじみの
矢野武さんと市川勝也さん?
ん〜まぁ試合見ていて違和感ないからいいか…
と思っていたけど、高田のことを
「本部長!」と言うのは若干違和感が…。

そして女性ゲスト。
小池さんがいた位置には吉岡美穂さんが。
この人料理うまいんだよね〜
まぁ特にキライではないので
これからもガンバってください。
もう一人!“フレッシュレポーター”なんとかアキナちゃん17歳!
誰だコイツは!こんな小ガキ生みたいなヤツが
なんでリングサイドのいい席で観戦してんだ!
カワいければ何でもアリか!?
バーリトゥーダーかテメーわ!?
まぁこれからガンバってください。

そんなことはどーでもよくって
一番の注目は煽りVTR。
あぁー!ナレーションは立木さんじゃねー!
村上ショージにギャラ払うなら
立木さんにギャラ払えー!!
まぁジョシュの煽りVTRは面白かったので
よしとしましょう。

どうせなら番組オープニングの
あのチャラチャラしたアニメと音楽は
前のに戻してくれればよかったのに。

よかったレニー・ハートさんは健在だ。
オープニングのあの盛り上がりはそのままだ。

巷ではカメラワークに不満の声が聞こえるが、
私は特に感じなかったなぁ。
それより殴った時の音がやけに
よく聞こえた気がしたのは気のせいかなぁ?

休憩時間に試合後インタビューを挟んでくれたのは
うれしい試みだったが、別に地上波でもできたのでは…?
相変わらずオネエチャンたちがプラカードもって
リング上でクネクネするのは健在なんだね。
アレいらないだろという声が私の周りでも多いのですが。


<第9試合 無差別級GP2回戦>
×吉田秀彦 VS ミルコ・クロコップ○


ミルコが打撃で圧倒。
吉田さんテイクダウンとれず、
左ハイに「効いてないよ」と余裕の表情を見せるも、
ロー地獄に悶絶、立ち上がれずレフェリーストップ。

吉田さんは腰の強い人とやると
からっきしダメだなぁ。ガードナーのときもそうだったけど。
吉田が倒れたところにミルコが「ちょっと休むか…」的に
寝技に付き合ったみたいなシーンがあったけど、
結局何も出来なかったし。


<第8試合 無差別級GP2回戦>
○ジョシュ・バーネット VS マーク・ハント×


煽りVTR爆笑。
まず、胸に7つの傷のある原哲夫調のジョシュの映像が。
そしてジョシュのインタビュー映像は
なぜか吹替。声が神谷明ってwww
ハントまで原哲夫調だwww

入場はもちろん「愛をとりもどせ」。
熱唱しながら入場してくるジョシュ。
ホント アホだなぁこの人。

だけどホント強いなぁこの人。
試合になるとハントからサクっとテイクダウンを奪い、
あっという間にアームロックで一本勝ち。
ハントのタップの早かったこと。

身体はかなりしぼられていて、頬もこけてるし、
PRIDE初登場の頃のブヨブヨだった面影がない…。
コンディションいいんだろうなぁ。
こりゃあもう一回ミルコとやったら
どうなるかわからないね。


<第7試合 無差別級GP2回戦>
×藤田和之 VS ヴァンダレイ・シウバ○


煽りVTRの藤田のインタビューで
「日本人はシウバに勝てますか?」という問いに
「逆にシウバがオレに勝てるのか?って聞きたいですね」
と答えたのはカッコよかったなぁ。

やっぱシウバの入場は盛り上がるなぁ!SandStorm最高。
そして試合前の睨み合い!!両者とも気持ち入ってるなぁ。

試合前は「シウバの打撃はヘビー級にも通用するのか?
ハントには効かなかったけど…」とか心配していたけど、
シウバ強い!!試合開始後、様子見状態から一転、
ものスゴいヒザが炸裂!!しかしそれでも倒れず、
必死にしがみついてテイクダウンする藤田もスゴい!!
シウバは下になっても三角締めや腕十字を極めにかかる。
グラウンドで膠着後、ブレイクでスタンドに。
しばらくけん制が続いた後に
シウバが怒涛のラッシュを開始。
藤田も打ち合うが、藤田の大振りフックより
シウバの回転の速いパンチが的確に藤田の顔面を捉える。
ヒザをついた藤田に容赦の無いサッカーボールキックで
レフェリーストップ。

いやぁ実にいい試合でした。やっぱシウバは強い!
それにしても、あんなに人の頭をポカポカ殴っちゃイカンよ…


<第6試合 無差別級GP2回戦>
○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ VS ファブリシオ・ヴェウドゥム×


いやぁ今大会はBTTの選手が多くてセコンドの
ブス先生は大変そうだなぁとか思う。

なんかノゲイラの打撃のプレッシャーがスゴくなってる気が。
スタンディングではノゲイラ優勢。
何度かヴェウドゥムからダウンらしきものを奪う。
最終ラウンドにヴェウドゥムも肩固めらしきものを
極めにかかり、逃げられてさらにバックに回るあたり
さすがだったが、残念ながら判定はノゲイラ。
ノゲイラの方が役者が一枚上手だったって感じ。
最後の寝技の攻防は見ごたえがあったな。


<第5試合>
○中村和裕 VS エヴァンゲリスタ・サイボーグ×


中村さんがランデルマン戦で見せた
片足で腕を押さえて頭を殴るやつで塩漬けか!?と思ったが、
そこからV1アームロックを極めにかかる。
完全に極まってるように見えるが、サイボーグはタップしない。
「レフェリー止めろよ!折れちゃうよ!」とか
思ったところでようやくタップ。

サイボーグってギラギラしていて
シウバみたいなキャラで面白かった。


<第4試合>
○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ VS アリスター・オーフレイム×


試合開始からハイや前蹴りを多用して
ペースをつかむアリスター。
一方のホジェリオはパンチで応戦。
ホジェリオは相変わらずパンチがうまい。

2Rになると動きが悪くなるアリスター。
一発パンチが入ってよろめくアリスターに
ホジェリオがパンチのラッシュでたたみかける。
あっという間にタオル投入でTKO。
「タオル早いんじゃない!?」と思ったら、
なんだかアリスターも納得いかない様子。

「どうせ前みたいに長引いてグダグダな試合に…」とか
思っていたら、意外に早かったな…
アリスターは始めの3分はウルトラマンみてーに強いんだけどなぁ。
ビクトーとかボブちゃんとかハリトーノフとか
意外なところで金星を上げるのに、
肝心なところでどうして勝てないんでしょう。

っつーか、これでホジェリオがシウバのベルトに
挑戦することになるんでしょうか?


<第3試合>
×高橋義生 VS ビクトー・ベウフォート○


PRIDE参戦以来2KOされている高橋さんと、
別の大会でアリスターに返り討ちにされたビクトー。
お互い崖っぷちという感じの2人だが、
試合はビクトーのパンチが当たって
あっさり秒殺KO劇。
試合後インタビューで「自分にあきれた」との
高橋さんのコメント。

ビクトーもこれを機にミドル級戦線に絡んで
ジャクソンや桜庭の抜けた穴を埋めてほしいトコです。


<第2試合>
○中尾“KISS”芳広 VS イ・ウンス×


昨年の大晦日にヒースに殴られて
クルクルパーになってしまい、
キャラ変更のみならず
改名までしてしまった中尾さん登場。

「PRIDEに愛の伝道師参戦」と煽りVTRも
煽りがいがありそう。
まずは昨年の中尾さんの赤っ恥っぷりを
ポートレート風に紹介。
「キス以上のことが起こるかもニヤニヤ」と中尾さん。
その後、「男とキスしたこと無いけど…
責任は取って欲しいニヤニヤ」とウンスさん。
二人ともバカっぷり全開。

注目の試合前の睨み合いでは、キスしようとする
中尾さんをセコンドが制止。
「来い来い」と誘惑挑発するウンスさん。

試合になっても中尾さんがグラウンドで
上になるたびに会場でどよめきがw

でも案外マジメにヒザを入れた中尾さんが
ウンスをドクターストップに追い込み勝利。

どうも中尾さんはバカっぷりが板についてるなぁと
思っていたら、新日の中西学さんに似ているからだねきっと。


<第1試合>
×エジソン・ドラゴ VS パウエル・ナツラ○


BTTのストライカー ドラゴがファン待望のPRIDE初参戦。
ドラゴの打撃かナツラの寝技かと注目された一戦だったが、
金メダリストのナツラが寝技に持ち込み、
見事な腕十字で鮮やかに一本勝ちで初勝利。
これでナツラさんもヘビー級戦線に絡んでほしいです。
次は…トンプソンさんあたりと観たいなぁ。


判定はノゲイラVSヴェウドゥムの1試合だけで
今大会もアグレッシブな試合ばかりでよい大会でした!

今大会の結果、勝ち上がったのは
ノゲイラ、シウバ、ジョシュ、ミルコ。
次の決勝はどういうカードになるんでしょうか…
どんなカードになってもスゴい試合になりそうだ!
そして、もしや念願のミルコVSシウバが観れるかも…!!
思えばPRIDE20のミルコVSシウバ
サッカーのワールドカップの年だったなぁ。
当時まだK-1のトップ選手だったミルコが
入場してきたとき、会場からブーイングが聞こえて
鳥肌立ったっけ。

あの時は3分5Rという変則ルールで、
しかも結果はドローだったから
ずっと完全決着してほしいと思ってたんだよね!!

次も楽しみー!
あぁ〜ミルコVSシウバがやるのなら…
観に行きたいなぁ。
posted by ひらちん at 02:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

ガンバレPRIDE!DSEが会見!!

フジテレビのPRIDE放送打ち切りに関して、
6/8に興行会社であるDSEの記者会見がありました。

クリアファンも傍聴OK!DSEが公開会見

クリア「PRIDEは潰れない!」フジの放送中止でDSEが緊急会見

クリア吉田、藤田、五味、マッハ、PRIDEのピンチに54人のファイターが集結

日テレではニュースで放送してます。

クリアPRIDE:「つぶれない」継続明言 放送打ち切りで会見


スポナビより。
フジテレビ側がDSEに提示した理由は
「フジテレビの信用、品位、イメージを傷つけた」というもの。
講談社発行の「週刊現代」でのPRIDEと暴力団との関係についての
一連の記事が引き金となった。
しかし、榊原代表は「記事の内容は事実無根。納得できない」と反論。
「反社会勢力との付き合いはないし、法も犯してないし、
犯罪も犯してない」と疑惑を完全否定した。

やはりこれですか。
しかし、K-1の石井さんが脱税で捕まっても
放送中止なんてことはなかったのに、
今回はやたら目の敵にしているよね…

なんでも6/5の午後のPRIDEの道場開きに
フジの関係者も出席していながら、
武士道ゴールデン放送に関しての同日午後16時からの会議で
いきなり放送打ち切りを宣告されたとかで、
DSEだけでなく、フジ側も現場レベルの関係者には
伝わっていなかったフシがある。
高田さんだって新聞で知ったというくらいだから
まさに晴天の霹靂としか言いようが無い。

この日の会見で榊原DSE代表は年内の大会は
予定通り開催することを明言した。
しかし、これはどうすれば観戦することができるのか。
他局での放送に関しては不明。
スカパー!はどうなのかが気になるところだが、
スカパー!もフジの協力なくしての
放送は難しいらしく、
MSNには「フジと同様に打ち切りを明らかにした」と
ハッキリ書かれている。

→記事訂正されてる。スカパー!は検討中らしい。

なんか日テレのニュースで
例のオープニングの曲を聴いていたら
涙が出そうになった。ガンバレって思った。
会見には600人のファンが集まったというし、
まぁなくなりはしないだろう。
それだけでもよしとしようではないか。

そして、今回の件に関し、
あの男も言及。

クリア猪木がPRIDEの選手たちを救済へ

そういえば、猪木サンも昔スキャンダルあった時に
テレ朝が新日の放送しなくなった時があったよな…
あの時も寂しかったなぁ。


そんな話はさておき、
2ndROUNDのカードが一部発表〜!

クリア吉田vsミルコ、藤田vsシウバが決定!=PRIDE無差別級GP

チガーウヨッ!ソジャナーイヨッ!!
私はミルコVSシウバの決着戦が観たいんだって
前から言ってんだろーがッ!!
まぁ…うん でもこのカードもスゴイよな。
っつーか、ノゲイラVSヴェウドゥムは塩になりそーだなぁ。
っつーか、ハントVSジョシュって微妙ー!
なんかもったいない気がするー!

どうやって観戦するかは…
DSEだって何か考えてくるであろう(甘い期待)…
それを待ってなんとしても観てやるぞ!


ガンバレPRIDE!私は応援していますからっ!!
posted by ひらちん at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

フジがPRIDE放送打ち切り!?

クリアフジが「PRIDE」中継の契約を解除

えーッ!!
マジですか―――ッ!?
ホントに!?

ヤクザが絡んでるとか日テレに移るとか
ウワサはあったけど…
まさかホントにー!?
もう年末の男祭りもなし!?

とにかく、今後のGPも放送中止。
しかも6/10放送予定だった昨日の武士道も
急遽放送中止…。
えー!マジでー!?
だって昨日のジャンクSPORTSに吉田が出てて、
「2ndRoundもガンバリマス」みたいなこと
言ってたのに…

もう小池栄子もアヤパンもウッチーも
PRIDEではお目にかかれないのか〜
っつーか、SRSでもPRIDE特集はなし…
っつーか、あのヤヲ&イロモノ格闘技が
「メジャー格闘技です!」みたいな
デカイ顔してのさばるなんて耐えられない…

スカパー入れば観れるからいいや〜
とか思っていたら話はそんな簡単な
ことではないらしい。
なんでもスカパーはフジが出資しているから、
スカパーにも切られる可能性があるらしい。
そしたらもう会場に行くしか観る方法がなくなる…。

っつーか、最悪なのはスキャンダルにまみれて
イベント自体なくなってしまうなんてことは…
まさかないよねぇ〜?

えー…
何が楽しみって毎日PRIDEが楽しみで生きてるのに…
ちょっとこれは死活問題なんですけど…

う〜ん 日テレが放送するという
可能性に賭けたいトコだけど、
日テレの放送ってなんかなぁ…
なんか盛り上がらないんだよなぁ…

とりあえず、日テレでもスカパーでも
放送してくれることを祈る。

あー…痛すぎる…
posted by ひらちん at 01:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

PRIDEGP2006開幕戦 観戦

はぁ〜桜庭さんHERO'S参戦かよ〜
別に桜庭さんにそんな想い入れはないんだけどさー、
純格闘派路線のPRIDEを引っ張ってきた中心人物だと
思っていたのに、その桜庭さんが
エンタメ路線のHERO'Sに移籍というのは
ショックだわ〜
まぁどうせならブッチギリの強さで
勝ち続けてPRIDEのレベルの高さを知らしめて
ほしいもんです。

そんな話はさておき、
すばらしい大会となりました
PRIDEGP2006開幕戦の結果です。

結果はこちら


<第1試合>
×ギルバート・アイブル VS ローマン・ゼンツォフ○



急遽組まれたなんだかわからんカード。
アイブルさん久々の出場も、グラウンドで結構攻め立てられ、
立ち上がったところをパンチでKO。
ゼンツォフさんはパンチ強いですね。


<第2試合>
×アリスター・オーフレイム VS ファブリシオ・ヴェウドゥム○


アリスター…ボブさんとかには勝っちゃうくせに
なぜショーグンとか肝心なところで勝てないのか…
まぁアリスターの猛攻を防いでスタミナ切れを待ち、
一気に仕留めたヴェウドゥムを誉めましょう。


見よ!TKの生き様!!<第3試合>
×高阪剛 VS マーク・ハント○


負けたら引退を公言していた高阪さん。
元K-1王者に果敢に打ち合いを挑んで行きましたが、
健闘空しくKO負け…。
でもあの闘志剥き出しの闘いっぷりには
胸が熱くなりました。
30kg差だもんねぇ。


ジョシュの右がヒット!<第4試合>
○ジョシュ・バーネット VS エメリヤーエンコ・アレキサンダー×


私的メイン。
予想通り好勝負になりました。
「これがヘビー選手同士の試合か!?」というような
すさまじいスピードの打ち合いと
組み合いでのパワー溢れるヒザ!
1Rの打ち合いはややアレキかと思わせたが、
2Rにスタミナの切れたアレキを
寝技に持ち込んだジョシュがアームロックで1本。
アレキは1Rに右手親指を脱臼したらしい。
でもねー明らかにスタミナ切れてたよねぇ。


<第5試合>
○藤田和之 VS ジェームス・トンプソン×


トンプソンさんのパワーに押し込まれるも
藤田さんが殴り合って辛勝。
トンプソンさんが慎重に勝ちにきましたね。
とはいえ、こんなにてこずってしまうと
この先藤田さんはどうなのか…と心配です。


<第6試合>
○ミルコ・クロコップ VS 美濃輪育久×


ミルコが大晦日以来「燃え尽き症候群」に
なってしまっているという情報があり心配でしたが、
美濃輪に全くつきあわずボッコボコ。
鬼のような強さでした。
2ndRoundはこうはいかないと思うよ。


腕取っていいですよ〜<第7試合>
○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ VS ズール×


実力差あり過ぎ。
ノゲイラがあっさりマウントまで持ち込むと
ズールが「取って」とばかりに腕を差し出し、
教科書通りの腕十字で1本。
ノゲイラも次戦が本番というところでしょうか。


<第8試合>
○吉田秀彦 VS 西島洋介×


この試合も予想通り…
ボクシングはベルトラインの上のみの戦いだから
転がされたら何もできないよねぇ。
西島さんはこの先厳しいなぁ。
正直ストライカー相手じゃないと試合にならないでしょ。


さて、この結果、今回欠場したヒョードルを加えた
以下8名が7/1の2ndRoundに勝ち上がり。

パンチファブリシオ・ヴェウドゥム(柔術)
パンチマーク・ハント(キックボクシング)
パンチジョシュ・バーネット(プロレス)
パンチ藤田和之(プロレス)
パンチミルコ・クロコップ(キックボクシング)
パンチアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(柔術)
パンチ吉田秀彦(柔道)
パンチエメリヤーエンコ・ヒョードル(サンボ)

予想カードを考えてみます。

まず、対戦済みカードは避けるという考え方から
ミルコを軸に考えてみたいと思います。
ミルコはハント、ジョシュ、藤田、ノゲイラ、ヒョードルと対戦済みであり、
ヴェウドゥムとはチームメイトであるので、
必然的にミルコVS吉田が決定。

残りのメンツでは
ヒョードルVSノゲイラは過去3度対戦しているので、
この2人を軸に考えると
ノゲイラはジョシュと2002年の国立の因縁があるので
ノゲイラVSジョシュが決定。

ヒョードルの相手はというと、
ヴェウドゥムとやっても
ヒョードルなら塩漬けにされないであろうという
期待からヒョードルVSヴェウドゥムが決定。

残りは藤田VSハント。
残り物にしてはおもしろそうじゃん?

というわけでこちらから投票しよー!
posted by ひらちん at 00:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

明日PRIDE.31!!

うぅ…
いつも米は5kg買うのだが、
やっぱ10kg買った方がお得だよな〜とか思って
調子こいて10kg買ってみたが、
予想以上に重くてスーパーから持ち帰るだけで
全身筋肉痛になってしまったよ…。


そんなことより!!
気付けば明日はPRIDEじゃあありませんか。

今回は大晦日で温存されていた猛者どもが
出場するので結構楽しみです。

それに加えて5月から始まる無差別級GPの
査定試合の意味合いが強く、
要チェックです。

無差別級GPについては
いろいろ言われていますが、
私は基本的に賛成です。
ライト級の五味くんとかが無謀に出場して
ムダに負けるのは観たくないですが、
去年DSEが開催を公言していた
立ち技のみとか寝技のみのイベントを
やるよりはよっぽどよいと思います。

念願のシウバVSミルコの
決着戦も実現するかもしれないし…。

前書きはこの辺にして、
久々に勝敗予想をしてみます。


<第1試合>
○ペドロ・ヒーゾ VS ローマン・ゼンツォフ×


まあここは願いを込めて古豪ヒーゾさんと予想。
総合力でヒーゾさんのが上なんじゃあないでしょうか。


<第2試合>
○クイントン・ジャクソン VS ユン・ドンシク×


ジャクソンは負けられないとこだが、
テクニシャン系の選手には
結構危うい場面が今まであったので、
今回もドンシクにはチャンスがあると思われる。
でも極めきれずに逃げられると
鬼のようなパウンドが降ってくるので
それでやられちゃうんじゃないかな。


<第3試合>
×ユノラフ・エイネモ VS ファブリシオ・ヴェウドゥム○


今までファンから参戦を熱望されつつも
ケガで泣いてきたエイネモさんがついに登場。
その実力はいかに…。

よくわからないので、
PRIDEの経験の差でヴェウドゥムと予想。
でもこの試合…ハイレベル故に塩分高そう…
ファブリ塩って言われてるくらいですからねぇ。


<第4試合>
○高阪剛 VS マリオ・スペーヒー×


スペーヒーにもがんばってほしいのだが、
ここはゼヒ高阪さんに勝利してもらって
次に無差別級GPに出てほしい!!


死神落下傘VSダッチ・サイクロン<第5試合>
○セルゲイ・ハリトーノフ VS アリスター・オーフレイム×


おおーアリスターも体重103kgできましたか。
アリスターにがんばってほしいのだが…
スタンドでもグラウンドでも
ハリトーノフの方が上でしょう。
アリスターの膝一発で
ハリトーノフが倒れるとは思えないし、
逆にハリトーノフの重いパンチは
一発でアリスターを倒せそうな気がする…。
アリスターに勝機があるとすれば
一撃必殺のフロントチョークか…
それでもハリトーノフは極めれないかなぁ…
アリスターは電池切れ早いしね。


青い目のオタクVS青い胴衣のうっかり<第6試合>
○ジョシュ・バーネット VS 中村和裕×


中村さんも体重102kgで
立派なヘビー級ウエイトなのですね。
115kgのジョシュとは約13kgの体重差ですか…。
まぁジョシュは負けられないでしょう!
ゼヒともスカ勝ちして無差別級GPに
出てほしいものです。


柔術マジシャンVS赤パン<第7試合>
○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ VS 田村潔司×


これもノゲイラは負けられない。
っつーか、負けないでしょう。
ノゲイラが寝技で終始圧倒して
一本勝ちと予想。




ブラジルの若者VSアメリカのオヤジ<第8試合>
○マウリシオ・ショーグン VS マーク・コールマン×


今回の大会はヘビー級VSミドル級なんて言われてますが、
ミドル級選手もそれなりにウエイトを上げてきてます。
このカードに至ってはショーグン103kg、コールマン101kgと
完全に逆転してます。
ショーグンはこれがナチュラルウエイトらしいので、
こうなるとコールマンに勝機はないでしょう。
オヤジ狩りみたいな試合になるんじゃあないでしょうか…。
なんにせよショーグンには無差別級GPの出場を
確実にしてもらって、ゼヒとも1回戦では
ハリトーノフとやってもらいたい…。


スーパーサモア人VSオーバーオール<第9試合>
○マーク・ハント VS 西島洋介×


初参戦でハント相手は厳しいでしょう。
しかも、ただでさえボクサーが総合のリングに上がっても
何も出来ないことが多いのに、
95.5kgの西島に対し、ハントは135.5kg…
37kgの体重差はキツいでしょう。

だってアレだよ?
10kgの米があれだけ重いんだよ!?

パンチが当たるかどうかさえわからないのに、
当たったとしても打たれ強いハントが
倒れるかどうか…。
どう考えても西島に勝機なし。
公開処刑になりそうな気がします。


今回の地上波放送は3/4(土)15:55〜です。
今回も危険な1週間になるなー
ああー電車乗るのコワイな…
posted by ひらちん at 01:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

Dynamite!!2005のベストバウトは??

そういえば、大晦日の感想とか
記事書かなかったなぁ。

というか、K-1のことなんか久しく書いてなかったが、
なんかおもしろいことがあったみたいなので
ちょっと書いてみることにした。

そのおもしろいこととは
K-1のオフィシャルサイトの
あなたが選ぶ12.31Dynamite!!のMVPは誰!?
というファン投票。

そこで現在トップは中尾芳広さん。
えーっと地上波で中尾さんの試合は放送されていません。
ダイジェストでも映らなかったし、
試合結果すら表示されませんでした。
ではどんな試合内容だったかと言うと、
試合は行われていません。

どういうことかと言いますと、
こういうことです。

ポカッレスリングのコスチュームで登場した中尾。
睨み合いながら両者が中央に歩み寄ったときに
中尾がキスしたことにヒーリングが激怒。
ヒーリングはゴング前にもかかわらず
右パンチを見舞い、中尾はダウン。




( ゚д゚)ポカーン

そんなに強く殴ったようには
見えなかったんだがなぁ。

結局、中尾さんは回復せず、
試合はヒースの前代未聞の反則負けとなりました。

その中尾さんがMVP投票でなんと50%の票を獲得し
2位以下を大きく引き離して
ぶっちぎりでトップを独走中。

2位のとっころさんが17%、
3位のKIDが5%というのだからこれはスゴイ。

ちなみに
今大会のベストバウトはズバリどの試合だと思う?でも
中尾VSヒースが60%の票を獲得し、
これまた2位ホイスVS所(18%)、3位元気VSKID(7%)に
大差をつけ独走中。

いやぁこんなことで話題を集めるというのは
どーなんでしょう…。
谷Pも再検討しているらしい。

クリア中尾の“反則勝ち”再検討へ

これを機に今年は中尾さんが
ブレイクしちゃったりするんでしょうか!?
中尾さんから目が離せません!!

posted by ひらちん at 01:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

遅ればせながら

すっかり書くの忘れてたけど、
シュルトさんK-1GP制覇おめでとう!!

シュルトさんは2001年のPRIDE16初参戦時から観ています。

パンクラス無差別級王者の肩書きを引っさげ、
PRIDEに参戦してきたシュルトさんは
小路晃、続く佐竹雅昭、高山善廣と圧倒的強さで撃破。
日本人では相手にならない強さであることを見せつけて
当時の王者ノゲイラへの挑戦者候補に名乗りを挙げます。

そして、PRIDE21では初参戦してきたヒョードルの
相手を務めることになります。

空手出身のシュルトさんのファイトスタイルはスタンド中心。
その長いリーチを活かし、ジャブや前蹴りで制空圏をつくり、
レンガのような硬い拳と高い打点のヒザで
相手を仕留めるというスタイルです。
「天から降る拳 天まで突き上げる膝」などと言われていました。

ちなみにシュルトさんの試合を谷Pが解説していると、
「対戦した相手がみんな言うんですが、
まるでブロックで殴られてるみたいに
シュルト選手は拳が硬いらしいですね〜」って
必ずといっていいほど言います。

皇帝は強かったですそれはさておき、ヒョードル戦では
解説の谷Pが「シュルトの戦い方っていうのは
制空圏つくって…」と言っている間に
ヒョードルに組み付かれ転がされ、
ほとんど成す術無く敗れ去ってしまい、
グラウンドではややスキル不足であることが判明します。

一方、PRIDEと平行してK-1ルールの試合も行います。
ミスターパーフェクト ホーストさんとも
互角の試合を展開し、立ち技では
K-1戦士にも引けをとらないことを知らしめます。

2002年のK-1GP開幕戦にも抜擢され、
ヒザでマイケル・マクドナルドからダウンを奪い判定勝利。
K-1GP決勝へ出場することになり、
当時全盛期であったボブ・サップと
一回戦で対戦することが決定します。

柔術マジックに翻弄されるPRIDEでは、PRIDE23でノンタイトル戦ながら
王者ノゲイラと対戦します。
しかし、ノゲイラの見事な三角絞めに敗北。
肩を破壊され、K-1GP出場を断念します。

それから1年後の2003年の大晦日のイノキボンバイエで
ジョシュ・バーネットと対戦。
敗れはしたものの、
そのスキルの高い試合展開は
同日開催されたDynamite!!、PRIDE男祭りを含め
ベストバウトだったのではないかと
ファンから支持を受けます。

そして2004年のPRIDEヘビー級GPに出場。
1回戦でUFC戦士ガン・マッギーに勝利し、
2回戦で現役ロシア軍人セルゲイ・ハリトーノフと対戦。

ロシア軍人にボコボコハリトーノフ戦では序盤、スタンドで試合を
有利に進めるも、寝技の展開になると
ハリトーノフの変則マウントからの容赦の無い
パウンドを浴び、顔面を破壊されTKO負け。

そのシュルトの凄惨なやられっぷりは
地上波メイン放送では大分カットされたのですが、
深夜枠では試合後の控え室の様子なども放送され、
PRIDEファンに「恐るべしロシア軍人」という
ショッキングな印象を与える結果になりました。

以降、しばらく姿を見なかったので
「シュルトさん 再起不能か!?」と
思っていたのですが、
単にPRIDEとの契約が切れ、
K-1へ移籍してただけでした。

そして、今年のK-1GP開幕戦で
グラウベ・フェイトーザを破って決勝へ進出。

「今年はシュルト」という前評判を聞き、
「え〜ロシア軍人にボコボコにされた
あのシュルトが!?」と半信半疑だったのですが、
セフォー、レミー、グラウベを破って
圧倒的強さで優勝してしまいました。

ロシア軍人が何だってんだ!コラァ!正直あまり好きな選手ではなかったですが、
今回のK-1での勝ちっぷりは爽快でした。

PRIDEで頂点まで届かなかったシュルトさん。
しかし、立ち技では最強だったんですね。
人類最強のヒョードルでもK-1ルールでは
シュルトには勝てないかも知れません。

ありがとう。
あなたはDIO様の
「強い弱いの概念はない。適材適所なのだ。」
という言葉を証明してくれました。

そしておめでとう。
あなたは地獄の底からも這い上がる
不屈の精神を持った漢だ。



問題はホーストさんだ。
あの人は根拠もないのにイキがったりしない。
2002年K-1GP決勝のボブ・サップへのリベンジ戦では
「秘策がある」と言って、サップから初ダウンを奪い、
それがウソでないことを見せつけた。

シュルトのあの圧倒的な強さを見て尚、
自分から対戦要求したということは
今回も何か考えがあるはず…。


うひゃあ ホーストVSシュルト楽しみだなぁ。

posted by ひらちん at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

大みそか 小川VS吉田決定!!

大晦日のPRIDE男祭り2005 頂−ITADAKI−で
小川直也VS吉田秀彦という柔道家同士の文字通り頂上決戦が
決定いたしました!!

クリア吉田vs小川! 大みそかに日本人頂上決戦


いやぁ〜これは…



……。



ぜ〜んぜん興味がねぇ。

もう日本人対決はいいよ。
どうせ寝技ではお互い極めきれずに
ウダウダ小突き合うんじゃねーの?

それが、周りの反応はすこぶる良い。
「観たい」「楽しみだ」
「あとは赤パンだけだね」とか
みんな期待してるみたい。
わからん…ナゼだ。
どう考えてもおもしろい試合になるとは思えない。

しかし友人と辿った
下記のプロセスによって
DSEのスゴさに気付かされる。

日本人対決なんかより
ミルコVSシウバが観たい!
     ↓
いやいやショーグンVSミルコなんか
おもしろいんじゃない!?
     ↓
そんならショーグンVSハリトーノフのが
デンジャーな試合になりそうだ!!
     ↓
間違いなく血の雨が降る。
ガチンコの殺し合いになるよ。
どっちか死ぬだろうね。
     ↓
ヲイヲイ、大晦日のお茶の間に
殺人ショーをお届けしちゃイカンでショー。
     ↓
ってことは小川VS吉田あたりが
妥当なんじゃあねーの?
     ↓
スゲーなDSE。よく考えてるよ。


というわけで、今年ものんびり
格闘技観戦をしながら年越しだね〜(´ー`)y-~~

posted by ひらちん at 01:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

PRIDE30観戦

結果はこちら

今回はメインと裏メインしか
期待していなかったのですが、
なんともションボリな結果になってしまいましたね。

これは止められるよ<第1試合>
× 戦闘竜 VS ズール ○


戦闘竜がズールのパンツを脱がしにかかったところで
レフェリーストップ。
いやぁ戦闘竜の反則負けか…と本気で思ったら、
どうもズールの打撃が入って
レフェリーが止めたらしい。なんだかわからん。


<第2試合>
○ ムリーロ・ニンジャ VS ムラド・チュンカエフ ×


チュンカエフっていい選手ですね。
また観たいです。
しかし、ミドル級GPの表彰式で
まさかニンジャが大泣きしていたとはね(笑)


<第3試合>
○ ジェームス・トンプソン VS アレクサンドル・ユング ×


地上波ではほぼカットだったので、
イマイチわからんかったが、
トンプソンさん相変わらず危なっかしいみたい。


<第4試合>
× 横井広孝 VS クイントン・ジャクソン ○


ジャクソンにはまだまだガンバってほしい!
そしていつの日かシウバにリベンジし下さい!


<第5試合>
○ セルゲイ・ハリトーノフ VS ファブリシオ・ヴェウドゥム ×


裏メインとして期待していたのだが、
ハリトーノフが序盤で腕を痛めたというのと
2週間前にインフルエンザにかかったとのことで
なんとも塩試合に…次はミルコかハントあたりと
やってスッキリ勝たないと王座挑戦は難しいでしょう。

雪の上でサンボなんかやってるからカゼひくんだよ…。


<第6試合>
○ 瀧本誠 VS ユン・ドンシク ×


相変わらずオンエア率と塩分の高い瀧本さん。
まぁ予想通りというところでしょうか。


<第7試合>
○ 桜庭和志 VS ケン・シャムロック ×


あのケンの足技がまた観たかったなぁ…。
ハイレベルなグランドの攻防を期待していたのですが、
試合が短くて物足りませんでした。


左ミドルもなんのその!<第8試合>
○ ミルコ・クロコップ VS ジョシュ・バーネット ×


ジョシュつおいね!
ミルコ相手にあれだけ前に出て行けるのはスゴイ!
確かに調整不足って感じはしたけど、
それでもミルコをあそこまで押し込められるのはスゴイ。
正直、1R早々にKOされるかと思ってたのに。
ミルコがマウントとってたから
判定勝ちできたようなもんだったけど、
実際、マウントとっても何にもできてなかったしね。

もうちょいトレーニングを積んで、
来年のヘビー級GPにはゼヒ出てもらいたいです。


という感じで、イマイチ盛り上がりに欠けましたが、
よくよく考えてみると昔のPRIDEなんか
つまらん試合はほんとにつまらんかったから
それに比べれば今回は別にフツーかなと。
去年や今年のGP決勝がスゴ過ぎたんだよ。

さぁ次は1年の締め括り、男祭りに期待しましょう!
桜庭VS田村なんて日本人対決はもうどーでもいいから、
ゼヒ今年こそはミルコVSシウバの再戦を実現してほしいです!
posted by ひらちん at 00:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

PRIDE GP 2005 FINALいよいよ!

コレ カッコイイ!(・∀・) (音が出ます)ふぁぁ…


…… ……。


…… ……。


なんーて寝惚けてるバヤイではないっスよ!!
いよいよ世紀の決戦が間近ですよ!!

いやーん…楽しみで楽しみで
もはや何も手につかなーい。

というわけで、私も予想してみます。
予想なんかつかないんだけどね。


<第1試合 PRIDE GP 2005 ミドル級トーナメントリザーブマッチ>
中村和裕 VS イゴール・ボブチャンチン


中村さんは豪州のハントさんのところへ
出稽古へ行っていたようですね。
まぁハントさんは王者のシウバに
唯一勝っている人ですからね。
打撃のスキルもレベルアップしているんじゃあないでしょうか。

対するボブさん…2nd ROUNDでは残念ながら
アリスターの必殺チョークに敗れ去ってしまいましたが、
ゼヒとも中村さんを完封していただきたいってことで
ボブさんがKOで勝利すると予想。


生活かかってるからね<第2試合 PRIDE GP 2005 ミドル級トーナメント 準決勝>
ヴァンダレイ・シウバ VS ヒカルド・アローナ


テレビの煽り番組ではアローナは勝利至上主義で、
サク戦で傷口を攻めた!許せん!シウバよ仇を!みたいな
位置付けにしてますが、ダメージあるトコを
攻めるのは当たり前だろ…というわけで、
ヒール扱いされてるアローナにも
ガンバっていただきたいトコだが…。

う〜ん、アローナがテイクダウンを取れれば
べたべたとアローナが判定勝利するような気もするけど…
シウバがスタンドで有利に試合を進め判定勝利と予想。


<第3試合 PRIDE GP 2005 ミドル級トーナメント 準決勝>
マウリシオ・ショーグン VS アリスター・オーフレイム


ボブさんに勝ったのだからアリスターにガンバってほしい!!
っつーか、ショーグンはマジつおいね…。
しかし、2003年のGPからアリスターを応援しているので、
アリスターがフロントチョークで勝利と予想。


<第4試合>
ファブリシオ・ヴェウドゥム VS ローマン・ゼンツォフ


ゼンツォフさん 全く情報がありません。
ヴェウドゥムさんが勝つんじゃあないっスか?


<第5試合>
吉田秀彦 VS タンク・アボット


全く興味がないんだよねー。
顔見せ程度の試合なんだから
吉田が勝たなきゃ話にならんでしょう。

あーあ どうせこの試合だけはノーカットで
放送するんだろうなフジは…。


ぼこぼこ<セミファイナル PRIDE ヘビー級タイトルマッチ>
エメリヤーエンコ・ヒョードル VS ミルコ・クロコップ


これを観るまでどれだけ待たされたことか…。
グッドリッジが弱すぎなんだよ…
K-1でいくらグッドリッジがガンバってても
あの試合を思い出す度に冷めてしまう。

そんなことはさておき気になるのはヒョードルの拳の状態。
本人は「痛みがあるので全力でパンチはできない」などと
言っているが、ミルコ陣営はウソと決め付け全く信じていない様子。

ちなみにプロ格闘家の予想は以下の通り。(by SRS)

テンション下がる予想だな…まず高阪さん。

「距離の取り合い。
めちゃめちゃおもしろくないか
なんか知らんけど終わってたみたいな
全く噛み合わない試合になる。
そうは言ってもヒョードル有利」との予想。




アタマ黒く染めてます両者と対戦経験のあるランデルマンさん。

「ミルコはテイクダウンに対してのディフェンスが良い。
もつれた末にハイキックでミルコ勝利」との予想。







MAD大好き!最後に五味くん。

「どっちかがブッ倒れる。砕ける。
でも苦しんだ末にミルコ勝利」と予想。








私の予想は…シュルト戦のように
ヒョードルが意外にあっさりテイクダウンして
ボコボコ殴って判定勝利と予想。
頼むからドクターストップとかの
結末だけはやめてくれー。


<メーンイベント PRIDE GP 2005 ミドル級トーナメント 決勝>
ヴァンダレイ・シウバ VS アリスター・オーフレイム


ごめんなさいっ!どうしてもアリスターでお願いします!
なんたって1回戦で元UFC王者ビクトー、
2回戦でボブさんと立て続けに大物を破ってきた
勢いでシウバもフロントチョークで勝つと予想します!
ガンバレ アリスター!

いや、別に桜庭さんの予想に
左右されてるわけじゃあないんすよ。

まだ腫れてますね…そうなんです。
なんと桜庭さんの予想はアリスターなのです!

「ショーグンVSアリスターはアリスター、
シウバVSアローナはシウバ、
優勝はアリスター。
理由はチョークとヒザという、
極め技が2つあるから」とのこと。


う〜ん、いろいろ書いたが
予想と言うよりホボ願望だなこりゃ…
まぁいつものことだが。

もーわかんねーよ!
わかるわけねーだろッ!!

と、キレコメントで締めの言葉と
代えさせていただきます。

あぁ…地上波放送は火曜なので
それまで情報をシャットアウトせねば…
大変なんだよな…
posted by ひらちん at 23:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

ミルコ、瀧本が参戦決定!!

6/26 PRIDE GP 2005 2ndROUNDの
追加カードが発表されました。


パンチミルコ・クロコップvsイブラヒム・マゴメドフ

パンチ瀧本誠vs田村潔


クリア6.26瀧本vs田村が正式決定=PRIDE

ケガのため、GP参戦を回避した田村が参戦。
2003年のGPで瀧本と同じ柔道家の吉田に完敗した田村が
先に吉田との再戦を見据えて臨む。
一方、瀧本は大晦日のデビュー以来、総合2戦目。
どこまで総合に適応できているのか。

っつーか、日本人対決はテンション上がらんなぁ〜
どうせこの後は瀧本VSドンシクとかやるんでしょ?


クリアミルコvsヒョードルは8月に延期

残念。やっぱり流れてしまいました。
本当にこの対戦は実現するのかなぁ…
っつーか、マゴメドフって誰!?って思ったら
どうやらレッドデビルの人らしい。
…もっとさぁ〜誰かいなかったのかな。

というわけで、ミルコ先生は怒り心頭らしい。

圧倒的な力でねじ伏せ、粉砕し、
ヒョードルが次に闘う男がどんな男なのかを
改めて分からせてやる。

最後に言おう。
オレは絶対にヒョードルを逃がさない。
絶対にだ。

コワっ

いやぁ…延びれば延びるほど
期待が高まるのは間違いないですけどね。

posted by ひらちん at 22:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

ハリVSヒーゾが決定!!

6/26 PRIDE GP 2005 2ndROUNDの
一部対戦カードが発表されました。


クリア2nd ROUNDの追加対戦カードを発表=PRIDE

クリアハリトーノフ VS ヒーゾ決定

クリアナツラがノゲイラにわがまま要求

クリアPRIDE初ジャケットマッチ要求


パンチセルゲイ・ハリトーノフ VS ペドロ・ヒーゾ
パンチアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ VS パウエル・ナツラ

UFC随一のストライカーであり、
あのジョシュ・バーネットをKOしたことのある
ペドロ・ヒーゾさんが、ついにPRIDE初参戦です!
私はジョシュ戦しか観たことないですが、
タックル切って終始スタンドに徹するそのスタイルを観て
「ミルコはこれを手本にしたのか!?」と思いました。

対するはロシアの死神落下傘ハリトーノフ。
ハリトーノフはベースはサンボでありながら打撃も一流。
ハリトーノフが寝技と打撃のどちらを選択するかで
全く違う試合展開になると思われます。

ナツラさんもデビュー決定です。
柔道の実績がすばらしいということはわかりますが…
こないだのドンシクさんみたいなこともあるからなぁ。

(`з´)ン〜柔道は柔道なんで。


柔道と言えば、瀧本さんも出る予定らしい。

クリア瀧本が6/26『PRIDE GP 2005 2ndROUND』に出撃宣言!

私的には瀧本さんの性格にはとても期待しているので、
ガンバってほしいのですが…体重軽いよなぁ。
もっと増量しないとミドル級では厳しい。

なんにせよ6/26も楽しみなカードが揃ってきました。
posted by ひらちん at 12:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

PRIDE GP 2nd ROUNDのカード発表!!

ウゥム…

6/26のPRIDE GP 2nd ROUNDの一部カードが発表されました。

クリア【オフィシャル】2回戦の組み合わせが決定!

クリア【オフィシャル】師匠・吉田のリベンジマッチにカズ出陣!

クリア【スポーツナビ】ミドル級GP2回戦の組み合わせ決定

クリア【スポーツナビ】中村「シウバ戦は死闘になる」

クリア【スポーツナビ】桜庭「アローナ戦はしゃがんで勝負」


パンチシウバ VS 中村

パンチ桜庭 VS アローナ

パンチショーグン VS ホジェリオ

パンチボブチャンチン VS アリスター


イカンゾ!

行かんぞ歯科医?
ワシも入れ歯にしてからトント行かなくなったのォ〜

応援しているボブとアリスターがここで潰し合いかよ!
ボブにガンバってほしいけど、
アリスターにも期待したいし…もったいないなぁ〜。


桜庭さんの相手はアローナですか…。
「判定なら桜庭にも勝機があるんじゃ?」みたいな
思惑があるのでしょうか。
アローナならそんなヒドいケガもしなさそうだし。

> アローナは立っても寝ても強いんで、しゃがんで練習します。

桜庭さん、相変わらずアホなこと言ってますね(笑)


ショーグンとホジェリオはいいねぇ。
派手ショーグンVS地味ホジェリオは
どんな試合展開になるか。

> BTTの総帥マリオ・スペーヒーが、
> 「ホジェリオとアローナが優勝を狙う上で、
> 最強の敵はショーグン」と言った

この煽りはドキドキしますねぇ。


シウバの相手はまた日本人ですか。
もう飽き飽きだよ。
前回のGPも合わせると、
5試合中4試合は日本人とやってるじゃん。

ホントにファンの意見は参考にされてんのかな…


話は変わってヒョードルVSミルコ。

クリア【スポーツナビ】ミルコvsヒョードルの6月実現は五分五分

まぁムリしてほしくはないから8月でもいいけどさぁ。
そうなるとGP決勝とダブルメインになって、
DSEとしてはもったいないよねぇ。

気になるのはコレ。

> もし6月の大会でヒョードルとのタイトルマッチが延期になっても
> ミルコの試合は組まれることを明言した。

ケガしないでくださいよ〜。
負けないでくださいよ〜。

あっ またノゲイラとやるのはどう?
posted by ひらちん at 22:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

ヒョードルVSミルコは延期!?

おーいっ またですかヒョードルさん!?

6月に実現と言われていた
ヒョードルVSミルコのタイトルマッチですが、
ヒョードルの拳骨折により、
8月に延期されることが濃厚な感じ?

クリア【PRIDE】ヒョードル完治せず…ミルコ戦8月延期も

まぁそりゃあ万全な状態でやってほしいけど…。

あぁぁヤキモキさせるなぁ。


クリア【PRIDE】「PRIDE武士道7」に川尻が初参戦

修斗世界ウエルター級王者・川尻達也さんがPRIDE参戦らしいです。
識者の方々の間ではかなりテンションが上がる
ビッグサプライズらしいのですが…すみません。
私はよく知らないです…どうなんすかねぇ?( ̄∀ ̄)


クリアコールマンVSトンプソン

あっ トンプソンさん。
PRIDE初参戦のときはヒョードル弟相手に
12秒で試合が終わってしまいましたので、
もっとじっくり試合を観たいですねぇ〜
相手はコールマンですか。

でもこれテレビ放送されないよねぇ…

トンプソンさん 次はPRIDEにまた出てくださいよ〜
posted by ひらちん at 00:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

UFC52 結果

リデルが新王者に!!おぉぉー!
こちらも波乱!!

まぁあまり選手を知らなくて、
メインのクートゥアVSリデルくらいしか
注目していなかったのだが。

結果はこちら

<Lヘビー級タイトルマッチ>
×ランディー・クートゥア VS チャック・リデル○

<ウェルター級タイトルマッチ>
○マット・ヒューズ VS フランク・トリッグ×

○ジョルジュ・サンピエール VS ジェイソン・ミラー×

○マイク・ヴァン・アースデール VS ジョン・マーシュ×

×パトリック・コート VS ジョー・ダークセン○

×トラヴィス・ウィウフ VS レナート・“ババル”・ソブラル○

○マット・リンドランド VS トラヴィス・ルター×

○アイヴァン・サラベリー VS ジョー・リッグス×



リデルがKOでクートゥアを下し、新Lヘビー級王者に!!
いやぁ見事なKO劇でした。
クートゥアの目にリデルの指が入ってしまうアクシデントがあり、
若干 左の視界が悪くなってしまったのかもしれませんが、
それにしても強烈な右フックでしたね。
リデルはこの拳でメッツァー、ケビン、
アリスターも倒してますからね。

前回のUFC51ではティトにケンカ売られてましたので、
次の挑戦者はティトということになるのでしょうか?

一方のクートゥアはベルトを失ったことで
PRIDE参戦もあったりするのかな?

リデルにも今度はベルトを引っさげて
PRIDEに参戦してほしいです。

ビクトーがPRIDE GPで1回戦敗退してしまったので
UFCも名誉挽回しなきゃあなりませんよねぇ。
posted by ひらちん at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PRIDE GP 2005 開幕戦 勝敗結果

アリスターが大金星!!おぉぉー!
波乱のPRIDE GP 2005 開幕戦が終了しました!!

結果はこちら

なにが波乱って優勝候補のジャクソン、ダンヘン、
そしてビクトーまでが、KOでのまさかの1回戦敗退!!

こりゃあビックリだ…。

今回の地上波放送は
まぁ時間の都合上カットは仕方ないとして、
ムダな再放送とかなかったし、
CMも少なかったので、わりとストレスなく観れたかな〜
グッジョブ!フジ!!


<第1試合>
○中村和裕 VS ケビン・ランデルマン×


ケビンも負けてしまった…。
さすがにレスリング出身者が下になると
何もできないか。
ケビンは対パワーファイターの方がおもしろい試合になるね。
中村さんは次は一本取れるようにガンバってください。


<第2試合>
×ディーン・リスター VS ヒカルド・アローナ○


地上波では大幅カット。
「やはり塩だったか…」と思ったのだが、
ダイジェストで観た感じでは
リスターが積極的に足関を取りにいってて
おもしろそうな試合だった。
アローナが足取られそうになるのなんて
そうそう観れないもんねぇ。


<第3試合>
×近藤有己 VS イゴール・ボブチャンチン○


ボブさん勝ったー!
スタンドにこだわらず、グラウンドに持っていっての
パウンドという作戦(?)が効を奏したか?
結構いいパンチが入っているように観えたから、
近藤さんは判定に持ち込むのが
精一杯というところだった感じがします。
ボブさんがパワーで勝っていましたね。

このままボブさんには決勝まで
勝ち上がっていただきたい!
ガンバレ ボブさん!!

秒殺シマァ〜ス。


<第4試合>
×ビクトー・ベウフォート VS アリスター・オーフレイム○


アリスター大金星!!
アリスターに勝ってほしかったんですが、
無難にビクトーが勝つんだろうな〜くらいに思ってました。
しかもフロントネックでタップ取るとはね!
これでリデルに続き、PRIDE GPでは2人目の失敗。
どうするホワイトさん!!


<第5試合>
○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ VS ダン・ヘンダーソン×


打倒シウバの最右翼と言われていたダンヘンさん。
絶対判定になると思っていたのに、
1Rでまさかの一本負け!!
下になったらダメだよ…。

これでベルト挑戦はなくなりましたね〜。
っつーか、よくよく考えてみると
ホジェリオってPRIDE無敗じゃん…。


<第6試合>
○桜庭和志 VS ユン・ドンシク×


ハイハイ。


<セミファイナル>
×クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン VS マウリシオ・ショーグン○


ウゾー!ジャクソンが1回戦敗退!?
打撃であそこまで押しまくられるなんて
信じらんねー!!せっかく坊主だったのにー!
これはもうショーグンは相当強いってことが
証明されましたね。
っつーか、もうGPとかいいから
ハリトーノフとやって兄貴の仇取れよ。


<メーンイベント>
×吉田秀彦 VS ヴァンダレイ・シウバ○


もっとボコボコにされてKOかと思ったのに
吉田さんが意外と健闘。
しかも最後のフロントネックは
「大丈夫だろ」とか思ったのに、
シウバは「相当きいた」とのこと。
結構惜しいところまでいってたんだな〜。


う〜ん 2nd ROUNDのカードはどうなるのだろう…。
このメンツじゃ桜庭プロテクトはもうできないよねぇ…。
プロテクトするとすれば、
せいぜい「リベンジ戦!」とか銘打って
桜庭VSホジェリオかな…?

シウバVSショーグンもないだろうし…

…となると、

桜庭 VS ホジェリオ
中村 VS ボブ
アリスター VS ショーグン
シウバ VS アローナ

ボブプロテクトするなら
これが妥当じゃねー?

ヒョードルVSミルコも実現しそうだし、
6月の2nd ROUNDが今から楽しみです!!
posted by ひらちん at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

PRIDE GP 2005 開幕戦 勝敗予想

あぁぁ〜気が付けばもう
明日はPRIDE GP 2005 開幕戦です!!

ちょっと時間がないので適当に予想。
やっつけです。

<第1試合>
中村和裕 VS ケビン・ランデルマン


ケビンがんばれ〜!
パワーで押し切れ!


<第2試合>
ディーン・リスター VS ヒカルド・アローナ


塩!でアローナ。


<第3試合>
近藤有己 VS イゴール・ボブチャンチン


ロシアンフック!!


<第4試合>
ビクトー・ベウフォート VS アリスター・オーフレイム


ビクトーが無難に勝利?


<第5試合>
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ VS ダン・ヘンダーソン


ダンヘンさんが自ら塩宣言!!
フルラウンドでもいいからダンヘンさん勝って!


<第6試合>
桜庭和志 VS ユン・ドンシク


どうせ言うだけ言っといて
何にもできないんでしょ?


<セミファイナル>
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン VS マウリシオ・ショーグン


やったー!丸坊主!!
これでジャクソンの勝利決定!!


<メーンイベント>
吉田秀彦 VS ヴァンダレイ・シウバ


吉田の顔を変形させてシウバの勝利。


いやぁ明日はUFC52もあるし、
徹夜になりそうだなぁ…。
posted by ひらちん at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。